>

大切な支えの部分

今の家の状態は?

見た目ではっきりとわかる事なら判断しやすいのですが、見えない部分に問題がある場合はどうでしょうか。
家は見える部分だけではないですし、むしろ見えない部分のほうが重要だったりします。
老朽化だけでなく、安全面の基準が足りていなかったり、または白アリなど害虫の被害にあっていたりと、理由になる原因も様々です。
耐震・免震基準などは不動産業者やハウスメーカなどに確認できますが、他のトラブルは誰かが教えてくれるわけではありません。
床が軋む、柱が動くなど何かしらのサインで気づくケースがありますが、そういった場合にはまず家の現状がどうなっているのか確認したくなりますね。
リフォーム前提かどうかは別として、調べてもらうことは必要になります。

住宅診断をお願いする

家の状態は、自己診断ができるものではありません。
きちんとした知識のある業者に見てもらう事が必要になります。
ピンポイントならその箇所の専門家にお願いしますが、全体的に調べてほしい場合は住宅診断をお願いすべきです。
その家が健全で、今後も住むことに問題がないかどうかしっかり確認してもらう事で、安心も手に入りますし、状態次第では早めに手を打つことも可能です。
診断結果で一番困るのは、判断が難しい場合ですが、これから大体どれくらい住むのか、どんな住み方をするのかなどを総合的に判断しなければなりません。
リフォームはたいていの場合持ち家に対して行うものだと思いますので、自分の資産である家や部屋を良い状態でキープするために、必要な手段と言えるでしょう。


この記事をシェアする